環境への取り組み | 京都久御山|自動車の修理、車検、整備[新晃自動車工業株式会社]
HOME > 会社情報 > 環境への取り組み > 環境目的の達成状況(2008年8月〜2009年7月)

環境への取り組み | 京都久御山|自動車の修理、車検、整備[新晃自動車工業株式会社]

環境目的の達成状況(2008年8月〜2009年7月)

目的、目標

新晃自動車工業の主な業務は大型自動車の整備及び板金塗装業務。 また、グループ会社のルートワン車検センター(新晃自動車2F)では 一般ユーザー様の車輌整備及び車検業務を行っております。 自動車整備の際に考えられる環境側面を検討し廃棄物の排出量・電気使用量・ ガソリン使用量に目標を定めました。 今年度の目標及び進捗状況は以下の通りです。


産廃物の排出量

廃棄物の排出量は2009年4月より新たな計測基準を設け 2009年4月からの一年間で現状を把握し2010年8月より 目標を定め取り組みます。

※補足説明 2009年3月までは産業廃棄物を各ゴミに分別せず産廃として業者に廃棄を依頼していました。 私たちは環境問題やコスト削減の為、自らで細かく分別を行い、 廃棄を行う取り組みを2009年4月より始めました。


電気の使用量

目標 134,976KWh/年間 (昨年度対比1%削減) 実績値 131,148KWh/年間 (達成率102.9%)


ガソリンの使用量

目標 3960ℓ/年間 (昨年度対比110%以下) 実績値 4005ℓ/年間 (達成率98.8%)


”環境への取り組み”へ戻る