環境への取り組み | 京都久御山|自動車の修理、車検、整備[新晃自動車工業株式会社]
HOME > 会社情報 > 環境への取り組み > 2008年度の主な環境活動内容

環境への取り組み | 京都久御山|自動車の修理、車検、整備[新晃自動車工業株式会社]

2008年度の主な環境活動内容

EMS年間タイムスケジュール

4月 維持監査
6月 EMS自覚研修
組織が同意するその他の要求事項の特定
環境側面の最新化
登録文書及び手順書のレビュー
緊急事態訓練及びレビュー
内部監査
7月 マネジメントレビュー
8月 EMS 年間計画

ゴミ分別の細分化

2009年4月から産業廃棄物としてひとまとめに廃棄していたゴミを細分別しそれぞれの
ゴミ毎に廃棄しています。 これによりゴミ廃棄量の削減と産廃処理費用の削減が出来ました。


緊急事態訓練

今年は第二工場からオイルが流れ出したと想定し側溝のオイルだまり清掃を行いました。


燃費走行とその記録

従来より行っている社用車の燃費記録
以前は書き漏れや無断使用等もありましたが今ではきっちり管理されています。


電気使用量チェック

環境マネジメントシステム立ち上げ当初から取り組んできた節電
最近では充分に徹底され電気使用量警告ランプが灯く事も稀になりました。


環境訴訟・罰金

2008年度の環境に関する訴訟及び罰金はありませんでした。


第三者監査

2009年4月のISO14001維持監査における審査指摘は軽微な不適合が4つでした。
是正処置・改善計画報告書の提出を持って審査合格を致しました。


環境マネジメントマニュアル

現状の活動にあわせる為、また、曖昧な記述もあった為、整合性の確保・内容の明確化の為に
1月に環境マネジメントマニュアルを改訂しました。(第4版)


”環境への取り組み”へ戻る

ページトップ