環境への取り組み | 京都久御山|自動車の修理、車検、整備[新晃自動車工業株式会社]
HOME > 会社情報 > 環境への取り組み > 3品目の引取り、リサイクルの実施

環境への取り組み | 京都久御山|自動車の修理、車検、整備[新晃自動車工業株式会社]

3品目の引取り、リサイクルの実施

(1)エアバッグ類 
(2)フロン類については、取引先である業者に委託し効率的な引取り、リサイクルを実施します。
(3)シュレッダーダストについても業者に委託

ISO14001の取り組みによりゴミの分別徹底
5Sの強化

自動車リサイクル法

ゴミを減らし、資源を無駄遣いしないリサイクル型社会を作るために、クルマのリサイクルについてクルマの所有者、関連事業者、自動車メーカー・輸入業者の役割を定めた法律です。車リサイクルの障害となっている、上記3品目の解体・粉砕で出たゴミを適正処理し、残り少なくなってきている最終処分場の埋め立て処分量を少しでも減らすようにしています。

自動車リサイクル法
整頓した工場での作業は環境への意識の変化が生まれます。

ユーザーへのメリット

リサイクル品は不良品ではない!

とある企業では中古車から部品取りしたパーツと新品のパーツをお客様に選んでもらい修理をしている
≪価格にして約3割は新品より安く買えるという≫
*エンジン回りの部品などは一部新品と交換などをしている。パーツ類に特に多い
お客様とともに環境保全に貢献
お客様にもメリットがあることで取り組みは一段と向上される

”環境への取り組み”へ戻る

ページトップ